触れる。見る。聞く。味わう。匂う。それは神様が私たちに感動を味わう為に下さったプレゼント。幼い時に体いっぱい感じて欲しい。たくさんの感動体験をして欲しい。暖かい雨も、冷たい雪も肌で感じながら育って欲しい。 

自分達の限界を探りながら、どこが安全でどこが危ないのか。美しさに目を止める心。森を守るもの、森を危機に追いやるもの。見極める力をつけて欲しい。

自然の中では整えられた平らな道を歩くだけではなく、険しく道なき道も一歩一歩進む子供達。『この先、何があるんだろう?』ドキドキしながら答えを探す子供達。自然の偉大さを感じ、冒険の途中で遭遇する森の動物達との距離感。

教室では教えられない事を子供達は自然から学びます。

mori-thumb.jpg