ミツロウ ロウソク

ミツロウの甘い香りが 教室いっぱいに漂います

細かった芯も ロウに浸かる度に少しずつ 太く 大きくなっていく

『赤ちゃんだったのに、今は何歳ぐらいだろうね。。。』

子供達の手の中で 少しずつ大きくなっていくロウソクを見ながら

子供達は会話を交わし ゆっくり時間が過ぎて行きます

今日もゆっくり いい時間です

森物語

IMG_7696.jpg

夢の世界へようこそ

子供達の森物語

子供達が笑います

『向こうにトロルがいるよ〜!サンタさんが捕まえられた〜!』

『こっちにいるよ!行ってみよう!』

木の陰からドキドキしながらトロルの姿を探します


ソリを押したり 引いたり

子供達の笑い声が響きます

糸のついていない枝で魚釣り

粉雪の舞う中、宝物を探す子供達


すごくキレイな子供達です

この素敵な時間が子供達の心を強く、豊かにしてくれますように。。。。



森で

IMG_7012.jpg

森を進む子供達

枯れ葉の真ん中に輝くように現れた氷の床

子供達はその姿に心踊らせます

滑りながら進む子供達

子供達が歩くたび パリンパリンと音がする

子供達がしりもちつくたび バリン!バリン!と音がする

大きな氷の塊が ダイナミックすぎ。。。

ツルツル滑る地面も歩いてみなきゃ分からない

両足で歩くより

両手、両足をついて歩く方が今日は安全だという事も子供達は体で学びます

ツルツル滑りながらも、何かに掴まり反射的に安定する体制をとる子供達。

それも体が教えてくれる。『ここは慎重に進もうね。』って。

長い棒も子供達は持って歩きたくなります

『危ないよ。』って言うよりも

子供達が棒を持った時に感じる コントロールの難しさを感じて欲しい

そうすると子供達はなぜ長い棒を持つ時、気をつけなければいけないのかを理解できるようになる。

急な坂を下る時、自然に腰を落として下る子供達

急な坂を登る時、前かがみになって登る子供達

体が子供達に教えます

自由に走ったり、登ったり、近所まで冒険したり。。。

私達が幼かった頃、毎日当たり前のようにやっていた事

その当たり前の事ができるチャンスが少ない子供達にこの環境の中で、どれだけ子供達の冒険を広げてあげる事ができるのか

子供達が『大丈夫。生きていける!』って自信を持って大きくなる為に 今、何ができるのか


愛を持って、

優しい言葉をかける事、

厳しく教えてあげる事、

一緒に笑ってあげる事、

何も言わずに側にいてあげる事。。。

いろんな事を考えながら子供と森を歩きます

真っ赤なほっぺの子供達

森の終点。園長先生が笑顔で用意してくれた暖かいホットチョコレートが嬉しい一日でした。

誰かの為に

『あれ?帽子どこいっちゃったんだろ?』

『先生、私の帽子 貸してあげるよ。2つ持ってるから』

『ありがとう〜!』



あの日から いつも あの子は聞いてきます

『帽子かぶってもいいよ。』

『ありがとう。でも今日は持ってるよ。』


少し残念そうな顔をして あなたは外に行く準備を始めます


『やっぱり、あなたの帽子が暖かいから借りていい?』

『いいよ〜!』

嬉しそうに急いで帽子を渡してくれます

『ありがとうね』

あの子は嬉しそうに笑ってお友達のもとへ駆け出して行きます


誰かの為にしてあげられる事

誰かを助けてあげれる事


必要とされている事の嬉しさ

彼らの心に芽生える使命感

子供達にたくさん感じて欲しいと思います



IMG_6288.JPG






 ちむ どんどん

IMG_4555.JPG

ちむ どんどん 沖縄の言葉で『心 ドキドキ』

憧れの先生を見ながら ちむ どんどん、ちむ どんどん

『いつか僕も先生みたいに踊るんだ。。。!』

先生の太鼓がドンドン響くと 僕の心もドンドンするよ

いいぞ!いいぞ!子供達! どんどん ドキドキしてください

 

 

海組 鶴

IMG_4645.JPG

今日は鶴を折りました

みんなで同じように作った鶴ですが

一羽、一羽個性があって面白い

耳をすますと鶴達の楽しそうな声が聞こえてきそうです

 

難しいんです。。。鶴。

先生のお手本を見ながら、根気よくゆっくりと指を動かす子供達

作られた物ばかりに囲まれてしまうと、作る喜びを忘れてしまいそうになります

子供達の折り紙は 折れるようになる事が目的ではなく、紙一枚から素敵な形が飛び出してくる。

そんな喜びと発見を子供達に感じて欲しいです。

最後の『できた。。。』の子供達の小さな声

小さい声ではありますが、達成感溢れた声です

もう大きいからね。

IMG_3197.JPG

少し前まで いつも手をつないでくれた子供達

少し前まで すぐに膝に座ってくれた子供達

ちょっと見ない間に すぐに大きくなりました

『こっちにちょっと座ってごらん』膝をポンポン叩いて合図します

一瞬走り寄ってきたけど、ピタッと止まって言いました

『もう、6歳だから大丈夫。』

『。。。そっか。。。』

頼もしいような、寂しいような。。。

お父さん、お母さん、抱っこできるの今のうちです。

 

愛がいっぱい

IMG_1984.JPG

今日もあの子は楽しそうに折り紙を折っています

本文字を指でたどりながら、新しい作品を作っています

『ここ。。。どうやるんだろう。。。難しい。。。』

一人でブツブツ言いながら 小さな指を動かします

突然『できた〜!』嬉しそうに、勝ち誇るようにあなたは言います

放課後、私の机の鍵の上。。。ちょこんと置かれたあの子の折り紙

(先生、あげる。また遊ぼうね)

あの子の優しい声が聞こえてきそうです

愛がいっぱいの子供達です

 

外だ!雨だ!傘だ!

IMG_1760.JPG

雨がポツポツふりました

自分の傘を手に持って 自分の好きな所に行ける自由が子供達の笑顔を作ります

傘の下から覗きながら進む足取りは まるで冒険家のような足取りです

ここを歩いて!向こう行っちゃダメ!傘はしっかり持って!。。。って誰にも言われない自由な時間

ずんずん進む子供達。。。今日も大冒険が始まります

傘さして自由に歩く事

なんでもないような事だけど、子供達にとってはすごく新鮮で 

今日彼らが感じた雨の感触は大人になってもいい思い出として残るといいな

雨が降った時、『あの時、楽しかったな。。』って少し笑えたらいいと思います。

 

 

 

 

けんかして

仲良しのあの子とけんかしました

心が痛くて 流れる涙が冷たくて なんだか力が入らない

遠くで遊んでいるお友達の声も心に寂しく響きます

一人で考える時間 一人で苦しむ時間 一人で寂しい時間 

冷たい雪の中 君は一人で座ります

『ごめんね』の一言が出てこない苦しさは 遠くから見ている君の友達も一緒に感じているようです

どうしたらいいんだろう。。。何がいけなかったんだろう。。。子供達は考えます

辛い時間も、切ない時間も生きているから感じる事ができます 

大丈夫。明日はまた新しい日になるんだよ。

明日がどんな日であっても君たちを育ててくれるいい日です。

 

IMG_1704.JPG